アルカディア岡山サイトマップ

  • HOME
  • アルカディア岡山ブログ

安い金額で長期滞在することができる施設ってどこがある?

会社の出張や家族の入院時の付き添い、学校の実習や企業の研修などのさまざまな理由から、自宅を離れて長期滞在しなければならなくなるシーンはいくらでもあります。
こうした場合に学校や企業で専用の寮や宿舎・社宅などの施設が用意されていれば
便利ですが、概してそのような用意はないことが多いというのが実際のところです。

 

そこで現地の不動産会社をいくつか当たって、目的地に近い場所にあるアパートやマンションを借りるのが一般的な解決策ですが、ある程度の長期滞在とはいっても、
同じ場所に数年も住むほどではない場合には、入居時の敷金や礼金、不動産会社への
仲介手数料の支払いだけでも割に合わない負担となり、
これに上乗せで前家賃や共益費、火災保険の保険料の支払いなども求められます。

いっぽうで一般的な現地のホテルに連泊をするという方法もありますが、こちらもアパートやマンションとは違ってアメニティグッズが充実しており、いちいち家具を購入したり自宅から取り寄せたりする必要がない分だけ便利ではありますが、料金が高額になってしまうのが
ネックです。時期や場所によってもまったく異なりますが、
地方都市であってもホテルとなれば1泊で数千円、都心部であれば数万円のことも珍しくは
なく、土曜日や日曜日には特に金額が高騰して支払いどころではなくなってしまいます。

 

より安い金額で長期滞在が可能な施設を探すとすれば、たとえば同じホテルでも
連泊専用のプランをもっているところ、全国にチェーン展開している大手のマンガ喫茶、ウィークリーマンションなどが挙げられます。それぞれ特徴がありますので一概にはいえませんが、比較で見ればウィークリーマンションが目的にもっともフィットしているといえます。

 

連泊のホテルは価格が通常よりも安く、アメニティグッズが充実していることが
メリットですが、室内での調理などはできませんし、定期的に清掃員が入室する点は
問題です。マンガ喫茶は飲食の設備もあり、時間をつぶすのには便利なものの、
もともと宿泊を想定しておらず、連泊して休息ができるような環境ではありません。

 

その点でウィークリーマンションの場合には、長期滞在向けにつくられていて、
しかも一般的な借家契約を結ぶような手間もかかりません。
専門のウィークリーマンションの場合にはバスルームやミニキッチンなどの設備は
もちろんのこと、ベッドやテレビ、インターネット回線、コインランドリーなども揃っていることがあります。もちろん部屋を借りるのに保証人が必要となったり、
仲介手数料をとられるようなこともありませんので、
安心して申し込みができるというところも大きなメリットです。

2019/05/31

ページの先頭へ

お部屋の見学歓迎!お部屋見学に来られた方の内、98%の方に実際ご入居いただいています

早割プラン受付中!1カ月以上前にご予約・マンスリー以上のご契約10%OFF

岡山市中心部のウィークリーマンション
・マンスリーマンション
アルカディア岡山

〒700-0861
岡山県岡山市北区清輝橋3-5-17

お問い合せはお気軽に!

1週間以上のご利用からご予約を
承ります。お部屋の見学歓迎!

0120-124-330

TEL.086-234-2800 年中無休
AM9:00~PM10:00(電話受付)

スマホサイトはこちら

QRコード

QRコードを読み取ると、アルカディア岡山のスマートフォンサイトURLが表示されます。