アルカディア岡山サイトマップ

  • HOME
  • アルカディア岡山ブログ

長期宿泊を安い施設で済ませるメリットとデメリットとは?

長期宿泊は、どうしても費用がかさばってしまうのがネックですよね。

そのために、安い宿泊施設を検討中の方にはぜひメリットとデメリットを
考慮する必要があります。

そこで、今回は長期滞在の際に安い施設で済ませる際に考えたいことをご説明していきます。

 

□安い施設で考えるべきこと

安い施設のメリットとしては、なんといっても安いことです。

しかし、一般的に安い宿泊施設は、食事がついていなかったり、設備が古かったり、
サービスの質が低かったり、アクセスが悪かったりするのが現実です。

しかし、それらにもそういったサービス・設備に対するコストは発生しているわけですが、
こんなことにどうしてお金を払っているのだろうと考えてしまいます。

一泊するだけなら、サービスも設備も堪えることができますが、
長期宿泊となると休養するために施設に戻るのに、
ストレスが溜まってしまっては元も子もありません。

安い宿泊施設では、滞在してみるまでその可能性を拭いきれないということが
デメリットとして挙げられます。

長期滞在の際には、滞在中の快適さを考える必要があるといえます。

 

□ウィークリーマンション・マンスリーマンションという選択肢

サービスや設備、食事に対して、すべて自己責任でかつ、費用を抑えられる方法として
ウィークリーマンション・マンスリーマンションという選択肢があります。

ウィークリーマンション・マンスリーマンションは、宿泊するための空間を提供することを
目的としており、食事やサービスに対するコストは一切発生しません。

フロントも存在しておらず鍵も自己管理ですが、門限などはなく
自分のライフスタイルを守ることができます。

清掃も自分で行うため、行き届かない部屋の清掃に
お金を払っているという不満を抱えることもなくなります。

加えて、整った住環境の中には家具家電も入っており、自炊できる環境も整っています。

長期滞在において安く済ませるための条件として、食費を抑えることは必須です。

そのためのいちばんの近道として、自炊がもっとも安く済ませられる
方法となり得るのではないでしょうか。

ウィークリーマンションであれば7日以上、マンスリーマンションであれば1
カ月以上の滞在となれば、一般的なホテルの宿泊費よりも安くなる場合がほとんどです。

□まとめ

安い宿泊施設では、設備・サービス面に不安要素が残るのが事実です。

コストも抑えられて、自炊でさらにコスト削減可能な選択肢として、
ウィークリーマンション・マンスリーマンションがあります。

岡山での長期滞在でコストを安く済ませたいとお考えの方は、
アクセスも設備も整った「アルカディア岡山」を、ぜひご検討ください。


 
2019/03/12

ページの先頭へ

お部屋の見学歓迎!お部屋見学に来られた方の内、98%の方に実際ご入居いただいています

早割プラン受付中!1カ月以上前にご予約・マンスリー以上のご契約10%OFF

岡山市中心部のウィークリーマンション
・マンスリーマンション
アルカディア岡山

〒700-0861
岡山県岡山市北区清輝橋3-5-17

お問い合せはお気軽に!

1週間以上のご利用からご予約を
承ります。お部屋の見学歓迎!

0120-124-330

TEL.086-234-2800 年中無休
AM9:00~PM10:00(電話受付)

スマホサイトはこちら

QRコード

QRコードを読み取ると、アルカディア岡山のスマートフォンサイトURLが表示されます。