アルカディア岡山サイトマップ

  • HOME
  • アルカディア岡山ブログ

ウィークリーマンションとは?そのメリットについて解説

賃貸のマンションを利用する時、選択肢には一般的な賃貸マンション、

もう一つはウィークリーマンションの2つがあります。

ウィークリーマンションとは一般的に週単位で利用することができる特徴を持ちます。

一方、普通のマンションの場合は賃貸契約期間は最長2年間で2年以降は更新、

長期間で利用したい時など便利です。


ウィークリーマンションの最大のメリットは家具や電化製品など生活に必要なものが

部屋に用意が行われているなどからも引っ越しが要らないことです。

利用するシーンに応じて一般的なマンションにすべきか否かが決まると言っても良いでしょう。

 

仲介業者を利用して住むための部屋を借りることになる、

これは普通のマンションを利用する場合の話です。

借りる時には賃貸契約を結ぶ、契約書に記載がある敷金や礼金を支払う、

さらに仲介業者に仲介手数料と呼ぶ費用を支払う必要があります。

敷金や礼金は借りる物件毎に家賃の1か月分や2か月分などのように異なるのが特徴で、

短期間で退去すると敷金や礼金が無駄になるデメリットもあるわけです。

礼金は大家さんにお礼をする目的で支払うお金ですから

契約を行えば礼金は手元に戻ることはありません。

しかし、敷金は部屋を退去する際に汚れている部分や不具合が生じている設備の修理費用に使われ、

修理やハウスクリーニングがそれほど必要ではない時などは敷金の一部が返還されることもあるなどの特徴を持つ費用です。

 

仮に、1か月間だけ利用したい時など、賃貸契約は可能でも普通の賃貸マンションは

室内に何も置いてありませんから引っ越しが必要になりますし、

礼金や仲介手数料などが無駄になるわけです。


これに対してウィークリーマンションは、利用した日数分の使用料を支払えば良いこと、

借りる時にはある程度の初期費用は必要になりますが、

敷金や礼金などのような高額なものではないので、無駄が少ないなどのメリットも持ちます。

お子さんが大学受験などで短期間の一人暮らしをする時、

観光の拠点にしたい時など普通のマンションやホテルなどでは費用が多く掛かりますが、
ウィークリーマンションを使えば費用の節約にも繋がるメリットがあるわけです。

さらに、借りる期間が長くなればなるほど使用料は安くなるのも魅力です。

例えば、3か月間借りるよりも半年間や1年間続けて借りた方が使用料が割引されるため、

比較的短い期間の利用の際には、費用面においてのメリットがさらにアップします。

また、こうした物件は駅から近い場所にあるので、

毎日の通勤や通学、外食などの時にも便利など、利用シーンにマッチするのではないでしょうか。

 

 

 

 

2019/04/19

ページの先頭へ

お部屋の見学歓迎!お部屋見学に来られた方の内、98%の方に実際ご入居いただいています

早割プラン受付中!1カ月以上前にご予約・マンスリー以上のご契約10%OFF

岡山市中心部のウィークリーマンション
・マンスリーマンション
アルカディア岡山

〒700-0861
岡山県岡山市北区清輝橋3-5-17

お問い合せはお気軽に!

1週間以上のご利用からご予約を
承ります。お部屋の見学歓迎!

0120-124-330

TEL.086-234-2800 年中無休
AM9:00~PM10:00(電話受付)

スマホサイトはこちら

QRコード

QRコードを読み取ると、アルカディア岡山のスマートフォンサイトURLが表示されます。