アルカディア岡山サイトマップ

  • HOME
  • アルカディア岡山ブログ

ウィークリーマンションの価格が抑えられている仕組みって?

ウィークリーマンションを使ってみたいけれど、価格がどれくらい抑えられるか
不安を覚える人も少なくありません。

そこで今回は料金の仕組みを解説して、利用者の不安を取り除きたいと考えています。

先ず知るべきことは一般賃貸とウィークリーでは、どれくらい料金に差が出るかということです。

マンションやアパートなどの一般賃貸では、基本的に2年契約となるわけです。

勿論、必ず2年間は住まなければならないわけではありません。

それでも途中解約の場合には、違約金が発生するケースがあります。

それに対してウィークリーでは、ユーザーは必要な期間だけ入居契約することができます。

 

ウィークリーマンションでは、一般賃貸に付きものの敷金や礼金、
そして仲介手数料などが一切かかりません。

一般賃貸では敷金などを合計すると、何ヶ月分もの賃料に相当する初期費用が必要になります。

そうした初期費用が不要な点だけでも、ウィークリーのメリットは大きいと言えます。

また、一般賃貸で課題になるのが、引っ越しに伴う出費です。

家財道具を一切新居に移すとなると、引っ越し費用も相当な額に及びます。

一方、ウィークリーの部屋には、予め家具や家電などが備わっています。

それゆえ出張や独り立ちなど際に、当面は買い揃える必要がありません。

 

ウィークリーには必要最低限の家具や家電が備わっており、入居当日から利用することが出来ます。

ネット環境に関しても、既に備わっているケースが殆どです。

面倒な手続きをすることなく、直ぐに利用できるわけです。

ウィークリーの料金体系は、基本的には日数計算により算出されています。

一日分の賃料や光熱費、そして管理費に日数をかけたものが基本となります。

これに初期費用や契約手数料等を加えたものが、トータルの利用料金となります。

一日あたりの料金としては、エリアや部屋の広さなどにより異なります。

同じ条件でも物件の築年数によって、異なる場合もあります。

 

ウィークリーマンションやアパートの場合、光熱費は一日あたりの定額設定が一般的です。

物件によって多少の違いはありますが、相場として一日800円前後の設定となります。

そのため電気や水道などを、料金を気にしないで使えるメリットがあります。

但し過度の使用によって基準値を超えると、別途追加料金がかかることがあります。

利用料金に含まれる管理費については清掃費用をはじめ、
共有スペースの維持費や建物の修繕費などに当てられるものです。

運営会社によっては、共益費と呼ばれることもあります。

管理費が不要なウィークリーもありますが、小規模な建物等に限られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/03/22

ページの先頭へ

お部屋の見学歓迎!お部屋見学に来られた方の内、98%の方に実際ご入居いただいています

早割プラン受付中!1カ月以上前にご予約・マンスリー以上のご契約10%OFF

岡山市中心部のウィークリーマンション
・マンスリーマンション
アルカディア岡山

〒700-0861
岡山県岡山市北区清輝橋3-5-17

お問い合せはお気軽に!

1週間以上のご利用からご予約を
承ります。お部屋の見学歓迎!

0120-124-330

TEL.086-234-2800 年中無休
AM9:00~PM10:00(電話受付)

スマホサイトはこちら

QRコード

QRコードを読み取ると、アルカディア岡山のスマートフォンサイトURLが表示されます。